TRACING THE ROOTS 2022サイトはこちら ≫

×

宝島染工-thus-

染めからはじまる、モノとコト

 

天然染料の服と化学染料の服

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代表の大籠千春が主に天然染料を使用する染工場として、福岡県大木町にて開業。
「中量生産できる天然染工場」として、藍染・墨染・草木染めなどの天然染料と、絞り・折り・板締めなどの模様を生み出す「防染」と呼ばれる技法を用いて、主にアパレルブランド向けに洋服、服飾雑貨の染色加工を行う。
2013年よりOEMを軸としながら「染めのサンプル」の提案としてオリジナル商品の企画、染色、販売を開始。
現在は、「エイジレス・ジェンダーレスな日常着」をテーマに天然染料、手染めと古来からの技法のみを使用した「宝島染工」の服と、手染めの技法を転用しつつ、化学染料と化学繊維のみを使用した-thus-
テキスタイルにフォーカスした2ラインを展開している。

 

HP https://www.takarajimasenkou.com

 

 

出展場所・・・1-2