TRACING THE ROOTS 2022サイトはこちら ≫

×

itoastuko|伊藤敦子

「もの」と生

 

身につけるもの

 

時にその人の深い意思をあらわし、

触れては身体と一体となり、その一部になる

 

手におさめ、見つめ、そして心におさまるもの

ある人の生活や、心と結び

あるいは記憶の中で蘇る、ひとつの感触のような

「もの」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金属で、身につけるもの他様々な制作をしています。

ものを作ることは、日々起こる兆しを身体で受け取るありがたい生業です。

溶解して流れでた銀の塊、切り出した痕の残る銀板の欠片

彼方の方へ出でゆく線(自由を求めて)

内側にベクトルを向け、どこまでも籠っていく線

そして、色と色との境界から立ち上ってくる曖昧な領域など

どれもその瞬間に魅力を凝縮しています。

そしてその小さなものは、人へ渡り、その瞬間からその人と共に

新たな動きを生みだしていきます。

その動きを遥かにし、またいただくものに躍動する、制作の日々です。

http://www.itoatsuko.com/home

produce by  mother dictionary
Scroll Up