mother dictionary 春の会 2012

4.28 sat / 4.29 sun 11:00~16:00

「美味しいお水の支援プロジェクト」春の会~チャリティー

「水の支援」のためのチャリティーブースにて
アーティストによる私物(または商品)を販売いたします!

 
春の会~チャリティー
「美味しいお水の支援プロジェクト」
石巻、雄勝の仮設住宅へ美味しいお水を届けよう!

 
震災から1年が経過し支援の形も画一的なものから
場所毎に応じた個別の対応が必要となっていると言われる中
スマイルレタープロジェクトを行っている写真家の蓮井幹生さんの
呼びかけではじまったお水の支援もまさにこの地区が抱えてる問題でした。
 
震災後、石巻の雄勝地区の仮説住宅では水道管など応急的な対応で作られたため
塩素の強い水道水の生活を余儀なくされているそうです。
もともとお水の美味しい地域だった場所柄、せめてお茶くらいは
美味しいお水で...との声を受けてはじまりました。
試行錯誤の末、生産実費にて支援いただけるメーカーが見つかり今回の支援の方法は、浄水タブレット「エランビタール」を配布するという形で行われます。

 
詳細はこちらをご覧ください↓
http://blog.mhasui.com/?eid=1100416#sequel
http://blog.mhasui.com/?eid=1100418
 
 
そこで春の会に出店される皆さんより、
私物や商品を特別価格にてご提供いただき
その売上全額を「水の支援」に寄付することとなりました。
お洋服や小物、雑貨など…..それぞれにこの支援のためにご用意いただいています。
販売するアイテムも後日、一部公開いたしますのでお楽しみに。
*4.28sat、4.29sunともに各アーティストが出店される日に販売いたします。
 
また、売上(寄付)のご報告は春の会終了後、WEBサイトに掲載させていただきます。

 
___________

 
<<<<美味しいお水の支援プロジェクト>>>


 

~~ 何度も仮設団地に伺っていて現地の皆さんの生活を見たり聴いたりしながら、考えていることがあります。それはお水をなんとか美味しく出来ないかということです。
皆さんのたいへん不自由な生活の中で、せめてお茶くらい美味しく飲んでいただきたい。
ご飯はせめて美味しく炊いてもらいたい。お水が美味しければ、それが叶います。
もともと石巻の雄勝というところはお水が美味しいところでした。
そのためもあって、仮設の皆さんは、消毒の塩素が多く匂いのきつい仮設のお水にたいへん困っています。昨年の10月からそれをなんとかできないかと考えていました。
お水は命を繋ぐものですが、それは飲めればいいというものではありません。
こんな時だからこそ、せめて美味しいお水があれば、美味しいお茶やご飯で、
少しは辛い生活の中で心も安らぐのではないでしょうか  
~~~~ブログより一部抜粋

 
 

<主催>

NPO法人DoTankみやぎ
蓮井幹生写真室スマイルレタープロジェクト
エランビタール株式会社
都市拡業株式会社
 

<目的>

雄勝地区の仮設住宅団地の皆さんに、浄水タブレット「エランビタール」を配布します。一世帯に一個で、第一期として200世帯分を予定します。

 

<実施方法>

エランビタール株式会社から、製品を製造実費でご提供いただきます。
(小売店での販売定価は6600円です。)
その購入資金を一口1000円の支援金として、
NPO法人DoTankみやぎの特設口座で募集いたします。
その総金額がエランビタール200個分
(配布などに掛かる経費を含み約600,000円)に達し次第に実施します。

 

<配布>

現地の協力NPOによる。

 

<その他>

お店や会社にもぜひ募金箱を設置して下されば嬉しいです。
支援金の集まり具合は、定期的にブログなどでご報告していきます。
http://blog.mhasui.com/
このプロジェクトの目標規模は最終的に2000世帯を考えています。
皆さんよろしくお願いします。

 

有限会社 蓮井幹生写真室 スマイルレター事務局
代表 蓮井幹生

 

 
_________

 
 

*春の会~チャリティーについて
 

震災後、延期という形で行った昨年の春の会では
皆さんの想いがつまった支援をすることが出来ました。
ジョイセフを通じて被災地の妊産婦さんへ売上の全額を寄付した他、
蓮井幹生さんが三陸海岸の現状を写真に納め展示をして伝えてくれました。
複数のブースで支援物資を集め必要とされる場所へ直接届けたり
といった活動も行いました。

 
今年も「水の支援」の他、家具が少ない仮設住宅に棚を届ける
「棚プロジェクト」ワークショップなどそれぞれの形で行う支援を
mother dictionaryも全力で応援していきます。

 

皆さんのご協力、お待ちしております!