アマゾン民族館

 

アマゾン民族館は、山形県鶴岡市在住の文化人類学研究者である山口吉彦氏が収集した
民族資料を展示・収蔵する施設として1995年開館(2014年閉館)しました。

日本がワシントン条約に加盟する1980年以前に、アマゾン流域に暮らす 30もの部族を研究のため訪ね、
長年に渡って集めた膨大なコレクションは2万点にのぼり、おそらく個人の収集では世界においても最大規模のものと言われています。
物々交換などによって収集した品々は、急速な開発により現地の文化が失われてしまう前の貴重な資料となっています。
これらの資料の調査、研究と共に、展示を通して多文化や自然への共生を伝えて来ました。
山口氏はアマゾン民族館閉館後の現在も、コレクションを通して理念を伝える活動の継続を目指しています。

 

     

  

 

この膨大で貴重なコレクションを保存・維持していくためのきっかけ作りとして、
今回はその貴重なコレクションの中から、アマゾン以外で収集された品々を販売いたします。

 

*アマゾン民族館についてはこちらをご覧ください。>>>

 

 

 

     

 

      

 

      

 

 

 

 

 

 

山口吉彦/アマゾン民族館

1942年、 山形県生まれ。 文化人類学研究者。 67年碩からフィールドワークを始め
アジアやアフリカなど85カ国を回る。 71年からアマゾン流域の調査を開始。
帰国後、 地元・鶴岡市で、国際理解と交流促進に尽力し、 アマゾン民族館の館長を務めた。

 

produce by  mother dictionary
Scroll Up