シマカラテカラ/岩切エミ

第17回 彼らが島へやってきた。Part.2

岩切エミ
大阪生まれ。
美大でグラフィックデザインを学ぶ。
’89-90 ロンドンを拠点として、ヨーロッパ、中近東、北アフリカを
家族と共に遊学、帰国後は再び、企業の商品企画、開発に携わる。
’96(有)ワンダフル・カンパニー設立。
’99 オリジナルブランド「car*g*mam」を立ち上げ、
『そこにあるモノを工夫して作る、永遠の少女魂』 をコンセプトに自らデザイン。
アトリエを沖縄宮古島に移し、「針仕事」の温もりが伝わる商品を展開している。
http://car-g-mom.com/

日常の手づくりを宮古島からお伝えします。
島は物が少なくて、人々は、色んな物を手で作っている。
手があれば色んなもの作れるんだなぁ~~
野菜や果物、ジャムにパン、道具や洋服、絵本に机・・・
一緒に暮らしている25才になる息子は、薄を刈って、箒を作っている。
時々キャンドルも作っている。
暗い夜、電気を消して、キャンドルをつける。
日常の手つくりを島から、伝えたいと思います。

第17回「彼らが島へやってきた。Part.2」 (2011.07.15)

熱い熱いブックカフェ・ブレスでのライブの翌日のこと。
メイクして衣装を着たパフォーマー達は、小さなマイクロバスに乗せられて、
西辺中学校へ行きました。
すれ違う車で、彼らを見つけた人たちはびっくり。
変な人たちいっぱい乗ってる~~!!
ワイワイギャーギャー賑やかなバスは、きっと、外から見ると異様だっただろうなぁ~~

学校に到着すると、校門前には、大きな縦看板!!
「すごい~~~!!写真とろ!!!」中学生に戻ったかのように、皆は大はしゃぎ~~♪
「すいません・・・ただいま中間試験中なので・・・お静かにお願いします。」
叱られちゃった~

そうなんです。この日は中間試験の最終日。
試験が終わった後の、お楽しみ会みたいな時間におよばれしたのです。
西辺中学校は島の外れにある小さな中学校で、全校生徒45名。
のどかでかわいい学校です。
子供たちには、このパフォーマンスがどんな風に映るのかしら・・・・
試験が終わるまで待つことに。
皆の控え室は図書室。生徒の気が散らないように、窓は全部暗幕ひかれました。
早速トビは、読書開始♪
いやいや撮影してるんです~
さすが、ちょっとの隙も楽しんじゃいます♪
こっそりリハーサルも終わり、そろそろです。
小さな講堂に、生徒は体育座りで待ちます。
ピアノに合わせて、後ろからミナ登場♪
生徒達の中央に立って、(そこ、開けなさい!!)言葉のない命令。
まるで、女王様のお通りです!
一瞬に子供たちの心を掴みます。
ウサギのバーバラ、きっと子供たちが出会ったことない存在のボサノバのエルナ、
極めつけは恐怖の加納。
加納さんが近づくと、子供たちはウェーブのように逃げ惑う。
笑いとともに、どんどん時間が押して、レ・ロマネスクは予定の演目が出来ず1曲のみ。
あっという間の楽しい時間でした。
講演終了後は、メンバー皆で音楽室で撮影会!!
ミナ先生に、賑やかな生徒達♪
子供たちに声をかけられて人気者♪
中学校を満喫したメンバーでした!

豊かな自然の小さな島で、生まれ育った子供たちには、どんな風に映ったんだろう~
そして、その翌日は、北中学校へ~
またまた、バッチリ、メイクして衣装を着たメンバーは”だいすき北中”と書かれた マイクロバスに乗せられ、市内の北中学校へ。
ここは全校生徒450名。前日の西辺中学校の10倍。
島の中でも、暴れん坊が多いと聞いていました。
この日は広い体育館での開催です。
体育館なので、エアコンはありません。
皆、準備の時から汗だらだら・・・・メイク落ちそうだよぉ~。
ふ~ふ~と暑そうで、メンバーも3日目とあって、少々お疲れ気味。。。。
しかし、メンバーはまじめに、広い体育館で、ステージは壇上という条件のなか、 子供たちにどう絡んでいくのか、作戦いろいろ立てていました。
始まりは、子供たちの後ろから女王様ミナの登場。
歌いながら足早に開場中を歩き回り、お目当ての男子生徒を指名して、
エスコートしてもらってる。

子供たちは、いやな予感して、ざわざわ・・・・
今日は見てるだけじゃあ済まなそうだ・・・・
エルナも現れ、子供たちの予感的中!!
数人の子供たちが借り出され、進んでいきます。
この時点で、子供たちはパフォーマー達に魅了されていました。
450人が加納さんの動きにどよめき、ロマネスクに大爆笑。
バーバラのパントマイムに見入り、エルナに驚く。
終わる時には、空気がひとつになっていました。
生徒代表の挨拶では「いつものこの鑑賞会は、眠くてしょうがないのですが、
今日は眠気を感じることなく、楽しかったです。ありがとうございました。」
そんなお礼をもらいました!
450人と一緒に記念撮影!
子供たちにもパフォーマー達にも暑い暑い午後でした。

島はいいなぁ~~
もし、東京だったら、公立の学校で、突然、やってきたパフォーマーを
こんな風に呼ぶことは出来るんだろうか?? ふと、そう思いました。
一期一会の出会いの中で、なにかが始まっていく。
すごいなぁ~~
小さな思いつきで始まった小さな行動が、こんな風になっていくんだなぁ~
やっぱりやるしかないな!
いっぱいの元気をもらった3日間でした。
ありがと~~みんな♪

back to top