瀬戸口しおりの母ちゃん日記/瀬戸口しおり

第8回 ランドセル

瀬戸口しおり
宮城県生まれ。
セツモードセミナー在学中に「諸国空想料理店 kuukuu」に入り料理の道へ。
夫、息子の3人家族。
「私の手料理」アノニマ・スタジオ刊。

 

 何でもない毎日の中で見つけたもの・感じたこと

第8回(2011.04.19)

ランドセル

時間がたつのが早くて気がつくともう1年前・・・・。
息子は小学校に入学して、背ものびて大きくなった 入学前には書けなかった字も書くようになり 脳みそがスポンジのようにいろんなことを吸収している毎日 反対に自分はどんどんいろんなことを忘れていってしまってる

似顔絵

大人の集まりに息子を連れていくこともしばしば そういう時は紙とえんぴつを持っていく 最初は絵描きのFさんとお絵かきをしてすごく触発されていた そして去年の冬くらいから、その集まりにきた人の似顔絵を描くようになった ものすごい集中力で(どんどん瞳孔が開いていくのがわかる) 大人になったら描けないような味のある似顔絵を描いていた そしてその似顔絵をプレゼント 後日壁に貼ってくれているTさんのブログの話をしたら 嬉しそうにはにかんでいた顔が幼児ではなくなって少年みたいだった

カステラ

息子の同級生のお母さんから手作りのカステラをいただいた しっかり甘くて弾力もある生地 すごく美味しくて自分でも作ってみる しっかり甘くが結構難しく、自分が作ると少しさっぱりしてしまう わかっているのに、つい砂糖やはちみつを少なめにしちゃうんだ~ 最近はシンプルな焼き菓子みたいな素朴なものが 美味しく作れるようになれるのが夢かもしれない

雪の結晶

写真では試験管に水の中に白い固まりが入っているように見えるけれど ようく見ると十字や鳥の羽根のようなの結晶が見える 昨日息子が参加した実験教室で作ったもの 万華鏡みたいで綺麗だった テレビで見た真冬のスウェーデンの風景が頭に浮かんで いつかあんな真っ白な風景でオーロラを見てみたいなあと思ったことを 思い出した

back to top