瀬戸口しおりの母ちゃん日記/瀬戸口しおり

第7回 高尾山

瀬戸口しおり
宮城県生まれ。
セツモードセミナー在学中に「諸国空想料理店 kuukuu」に入り料理の道へ。
夫、息子の3人家族。
「私の手料理」アノニマ・スタジオ刊。

 

 何でもない毎日の中で見つけたもの・感じたこと

第7回 (2010.04.05)

高尾山

ある日曜日に思いたって高尾山に山登りにいきました 高尾山に行くのは初めてだからまず1号路から・・・最初はのんびり話しながら歩いていたけど 結構急な坂に無言になる自分・・・・横を80歳くらいのおばあちゃんが歩いているのを見たら 負けられませんみたいな気持ちになっていました そして登った山頂で食べたおそばもお餅も美味しかった~ あっ高尾山には天狗さまがいて時々会えるらしいよと息子に伝えたら 「こ、怖い~登りたくない」と言っていたのに、初登山の記念に買ったぬいぐるみ なかなかいい味だしてます

どら焼き

最近2冊目の本「家で/つくる/たべる/おやつ」アノニマ・スタジオを出版しました 今までハマって作っていたおやつの本 すごく写真もデザインもきりっとしていて素敵なのです 息子のためというより自分のために作っていたような・・・・ でもチョコ嫌いの息子だからかチョコを使ったお菓子も大好きなのに 本にはほとんど登場しません 写真はどら焼き  最近ハマってかなり作っています やはり決め手は卵です おいしい卵を使うと膨らみとしっとり感が違うのです そして集中力(きれると綺麗な丸と焼き色にならない)

20100405122339_m_small.jpg

味噌作り

今年も仕込みました 1キロの大豆なら作りやすいので味噌は何回かに分けて作っています そうすると同じ時期でも微妙に味が違ってくるのでそれもまた楽しい 息子も手伝ってくれましたが、すぐに飽きていました 来年くらいからは助っ人になってくれると信じているんですが・・・・ なるのかなあ?

20100405122421_small.jpg

もう小学生

住んでいる町の桜も満開になってきました 息子がもう小学生になります・・・なのでえんぴつをたくさんいただきました きりんのえんぴつは新聞紙から作られているもの 動物の絵のは保育園からのプレゼント 青いえんぴつは名前入り! 名前を書くのが苦手(ただのめんどくさがり)な私は感動しました(笑) 私も粋な贈り物が出来る人になりたいと思ったのでした でも本当にもう小学生なんですね(あっという間のような長いような) 時々、朝早く起きて朝日を浴びると産んだ瞬間を思いだします なんだかすごいエネルギーが振動していた感じが終わって 窓からは夏の朝日が輝いて・・・・・ 「今なら朝ご飯、間に合うから頼んでくるわね」 と看護師さんの声で現実に戻ったことも(笑)

20100405122454_m_small.jpg

チャーハン

なると、たまご、ねぎの入ったラードで炒めたチャーハンが 時々むしょうに食べたくなるのですが、息子があんまり食べないので必然的に 一人のお昼に作ることになるんですが、 なるとがないとおいしくない お正月明けだとなるとが冷蔵庫で余っているから嬉しい でもわざわざ、なるとを買っては作らないのはなぜだろう??

20100405122525_m_small.jpg

back to top