連載

  • ママとコとコト/little FÉVE 小野かずみ

ママとコとコト/little FÉVE 小野かずみ

第14回 こども民宿レポートその8

1978年、福島県生まれ。
フードコーディネーター。
渡辺幸子と共に、WEBショップlittle FÉVEを運営。
2011年、3月の震災を機に
和歌山県熊野にて、7月~期間限定民宿、
「little FÉVEの疎開型子ども民宿」をオープン。
http://img.l-feve.com/newsrelease/little_feve_deainosato.pdf

ひとり息子のセージと2人で、
不慣れな民宿営業に奮闘中。
http://ameblo.jp/fevecafe/
little FÉVE
BOYS SELECT&LIFE STILE GOODS

 

「おとこのこ」のためのWEBショップ。
家族の風景にフィットする、
子供服や生活雑貨をセレクトしています。
l-feve.com

 

 

毎日の中にある、ママと子といろんな事。

 

第14回 「こども民宿レポートその8」(2013.9.30)

引き続き、少し眺めに滞在してくれたお二人と、
いろんなところに出かけたので、少し紹介☆

まず、トロッコで行く湯の口温泉へ。

A

行く途中、子ども達が山道で車酔いをしてしまったので
北山川のそばに車を止めて休憩。

青い空とは対照的な、グロッキーな子ども達の感じが可愛いです(笑)

この場所の前にあるお家の方に
お水を飲ませて頂き、少し休ませてもらったのですが、
あのお水の美味しさは一生忘れません!

ありがとうございました!

気を取り直して、いざ出発~!

B

C

冷気が立ちこめる真っ暗な穴の中を
ガタゴト進みます。

D

終点にある温泉につかって、
帰りはまたトロッコでガタゴトガタゴト。

E

冒険だな~。

F

そして、イロハちゃんのママが是非行きたいと
以前から思っていたという「玉置神社」へも行きましたよ!

民宿から、車を走らせること一時間とちょっと・・・

迷いながら、なんとか参拝口まで着き、
その後は徒歩で山道を登り本堂へむかいます。

G

その道中が、結構な山道で、
子どもはぴょんぴょん,
大人はキャーキャーいいながら、
大きな古い木々の中をかき分けて歩きます。

本殿でお参りして、
樹齢三千年(!?!)の御神木、「神大杉」を拝んでいると、
この神社の凄さがひしひしと感じられました。

H

なんと言うか、ちょっと気を抜くと
「ここはどこ?わたしはだれ?」な状態になってしまいそうな、
それくらい、かけ離れた世界でした。

圧倒的なパワーの中で、
ポカーンと口を開けて、
ただただ上を見上げることしばし、

さて、
帰り道があるうちに帰ろうか。

I

そして、お別れの日、

イロハちゃんと、ママのチカさんは、

すこし眺めの滞在だったので、
かなり寂しい気持ちになりましたが

J

最後までふざけ倒すセージとイロハちゃんには
救われる思いでした。

またお会いしましょう~!

 

おまけのレシピ
「赤玉ねぎとレンコンとクルミのサラダ」

sarad

赤玉ねぎ一個分は薄くスライスして、
果物の酵素シロップ(無ければ蜂蜜で)大さじ2、
レモン汁大さじ1
お酢大さじ1、塩少々で、和えておく。

レンコンは1/4にカットして薄くスライスし、
かたくり粉をはたいて、かりっと揚げる。

人参1/2個分と、カボチャを少し細く切って
塩揉みしておく。

フライパンにオリーブオイルを大さじ2と
クルミをひとつかみ、フライパンに入れてゆっくり火にかける。

ぶくぶくと気泡が出て、香ばしい香りがたったら
オイルごと人参の入ったボールに入れて和える。

赤玉ねぎ、人参、レンコンを
大きなボールでザックリあえる。
レモン汁と、塩で味を整えて出来上がり☆

 

back to top