連載

  • ママとコとコト/little FÉVE 小野かずみ

ママとコとコト/little FÉVE 小野かずみ

第10回 こども民宿レポートその4

1978年、福島県生まれ。
フードコーディネーター。
渡辺幸子と共に、WEBショップlittle FÉVEを運営。
2011年、3月の震災を機に
和歌山県熊野にて、7月~11月末(予定)の期間限定民宿、
「little FÉVEの疎開型子ども民宿」をオープン。
http://img.l-feve.com/newsrelease/little_feve_deainosato.pdf

ひとり息子のセージと2人で、
不慣れな民宿営業に奮闘中。
http://ameblo.jp/fevecafe/
little FÉVE
BOYS SELECT&LIFE STILE GOODS

 

「おとこのこ」のためのWEBショップ。
家族の風景にフィットする、
子供服や生活雑貨をセレクトしています。
l-feve.com

 

 

毎日の中にある、ママと子といろんな事。

 

第10回 「こども民宿レポートその4」(2013.6.13)

 

すっかり更新が滞ってしまいましたが、
昨年の民宿営業のこと~営業終了までのことを書こうと思います。
 

A

 

民宿の営業が間もなく終わり、という頃にやってきたお客様は
なんと和歌山県内からのお二人。

噂を聞いて、前から来てみたいと思っていたのだと言うことで
ちょうどご予約の無かった日にあわせて頂きました。
 

B
 

学校の先生をされているということで、
見たことも無いような高度な技術の折り紙をセージに見せてくれたり、
沢山遊んでくれました。

ありがとうございました~。

そして、いよいよ最後の週末がやってきて、
これで今年最後のお客様だな、と意気込んでいると

なんだか怪しい雲行きに・・・

そう台風です。

空はどんどん、どんどん雲に覆われて、
ラジオでは警報まで出てしまい、

本当に残念でしたが
その日ご予約を頂いていた2組のお客様は
キャンセルということにさせて頂きました。

台風に備えて雨戸を閉め切った民宿は、真っ暗。

でも、

『ねぇこれって、映画館みたいじゃない?』

っていう話になり、気を取り直して
お隣に住んでいる杉本ファミリーと、
近所の杉山ファミリーをお招きして
「民宿ディナー&スライドナイト」
をすることになりました。
 

C
 

それに、民宿の最後のお客様がご近所さんだなんて、
なんかおもしろいね、と笑いながら、
 

D
 

いつもとは違う真っ暗い民宿の雰囲気も手伝って、
随分と特別な時間を過ごせたような気がしました。
 

E
 

結局、この台風は予想されたよりも軽いもので
大きな被害も無く、翌日には外に出たりすることができる程度でした。

この日から、東京に帰るまでの5日間程度の間、
急ピッチで民宿の後片付けをしながら
ご近所のお友達と、遊びに行ったりしたのですが、

長くなりそうなので、それはまた次回かきます☆

そして、また今年もこの「こども民宿」が
8/1~9/23までの期間限定でオープン決まったのですが、
その告知も次回させていただければと思います。

ではでは、今年もどうぞよろしくおねがいします!

 

back to top