連載

  • ママとコとコト/little FÉVE 小野かずみ

ママとコとコト/little FÉVE 小野かずみ

第16回 こども民宿レポートその 10

1978年、福島県生まれ。
フードコーディネーター。
渡辺幸子と共に、WEBショップlittle FÉVEを運営。
2011年、3月の震災を機に
和歌山県熊野にて、7月~期間限定民宿、
「little FÉVEの疎開型子ども民宿」をオープン。
http://img.l-feve.com/newsrelease/little_feve_deainosato.pdf

ひとり息子のセージと2人で、
不慣れな民宿営業に奮闘中。
http://ameblo.jp/fevecafe/
little FÉVE
BOYS SELECT&LIFE STILE GOODS

 

「おとこのこ」のためのWEBショップ。
家族の風景にフィットする、
子供服や生活雑貨をセレクトしています。
l-feve.com

 

 

毎日の中にある、ママと子といろんな事。

 

第16回 「こども民宿レポートその10」(2014.8.29)

 

おはようございます!

A

この日もこんなメニューで朝が始まります。
干物は、民宿から車で1時間半くらい飛ばした所にある
本州最南端の「串本」の干物屋さん「おざき」さんのもの。
干物も鮮度が命!本当においしい干物です。

この日のお客さん、伊藤さんファミリーはこの民宿の常連さんです。

B

去年はお腹が大きかったお母さんでしたが、
今年は無事にひとり増えて、4人家族で遊びにきてくれました。
ありがとうございました★

そして、その翌日から大家族5連泊ウィークが始まりました。

C

D

すっかり常連の、石戸さま&斎藤さまファミリーに、
山田さま&藤島さまファミリー♪計4家族!

にぎやか~!!!

「お箸足りてる~~?!」
「ここ、魚足りないよ~!!!」
「お茶碗一個多いかも~!!!」とかね、

民宿のプレートは小皿の数も多いし、
全部の数をあわせるのに一苦労で毎食かけ声掛け合って、
あ~、可笑しかった。

E

お母さん同士もすぐに仲良しになって、
毎晩、台所でみんなで後片付けしながら井戸端会議してね、
本当に楽しかったなぁ。

この日は、そろそろ干物定食にも飽きて来たかな、という日の朝に
みんなで焼いたパンケーキ。

F

頑張って角が立つまで卵白を泡立てて、
おっきなモッチリしたパンケーキが焼けました。

 

G

「トウモロコシと塩ネギ」「有機大葉の梅じそ」「ひじきの梅酢炒め」
の3色おにぎりも一緒に★

そして、この日は私も一緒に全員で太地の「くじら浜海水浴場」へ。

H
 
ここの海水浴場は、時間を限定してゴンドウクジラを放してくれて
一緒に泳ぐ事ができるのです。

小さいクジラだけど近くで見るとなかなか感動的です。

個人的に、背中に沢山水ぶくれができるほど日焼けしてしまい
この後ものすごく大変だったんだけど、、

 

I

海の後は、骨付の鶏肉と、玉ねぎ、ジャガイモ、南瓜、ナス等を
釜戸で重ね煮にしてカレーライス。

子ども達と一緒に作った「トマトとキヌアと酵素玉ねぎのサラダ」
もとってもおいしかったです。

それにしても子ども達ってカレーライスだと
なんであんなに食べられちゃうんでしょ。

ご飯が足りなくなるんじゃないかとヒヤヒヤしながら、
皆の食べっぷりを見守りつつ、

こうゆうの幸せだな~、と感じた一日でした。

J

 

 

 

back to top