LOTAかあちゃんのものづくり/香菜子

第5回 誕生日のお膳立て

Desiner Illustrator and Mother
1975.1.7生まれ
1997 女子美術大学芸術学部工芸科陶芸専攻卒業。
2005 母である立場から子どもや自分に”こんなもの欲しい”を
かたちにしたく「LOTA PRODUCT」を立ち上げる。生活を楽しくするオリジナル雑貨を製作。
2008 イラストレーターとしての活動も開始。2児の母親。
http://www.lota-product.com/

LOTAかあちゃんのものづくり

自分の心地よい価値観のわっかを作りたくてLOTAかあちゃんはいろいろ作ってます

今どきはモノを買った方が安く済むことが多いのですが
それって消費経済のわっかの中に居るから出てくる価値観。
そのわっかから出てみると新しい、たのしい発見があることに気付きます。
自分の心地よい価値観のわっかを作りたくてLOTAかあちゃんはいろいろ作ってます。

 

第5回 「誕生日のお膳立て」(2012.05.23)

「もう中学生になったらお友だちを呼んでの誕生会はやらないよ。」

娘には小学1年生から毎年友だちを呼んで誕生会をしていたものの
昨年、中学生になりもういいだろうと
友だちを呼ぶ誕生会は終わりにしたのです。

昨年13歳の誕生会は家族だけの質素なものでした。

先日,14歳の誕生日を迎えるので
今年も質素に…と思っていたのですが
母ちゃんのいろいろ作りたくなる病がうずうずしだしてしまい…。

数日前から小学校1年の息子とひそひそ打ち合わせ。

当日は母ちゃんは早くに仕事を切り上げ
子どもたちが学校へ行っている間に
そそくさと準備開始。

リビングの奥の部分を布で仕切って

 

お祝いの文字を貼り

 

ガーラントもつけてね。

 

メッセージボード。

 

入場券はこれね。腕に巻いて御来場くださいませ。

 

誕生日様はこちらのお席に。

 

飾り付けの一部として
赤ちゃんのときの肌着瓶詰め(笑)も。
ミルクのしみなどそのまま記念に残してます。

ここまで飾り付けしたころ
息子が帰宅。
今度はケーキを買いに車でゴー!

娘の好物もあれこれ買って。
さあ、また準備しましょう。

6時に帰ってきてね。と約束していたので
時間通りに娘帰宅。

帰宅したときにはもう既に満足そうな娘。

ワケをたずねると
朝、学校に行ったら仲良しのお友だちが
Tシャツにお祝いメッセージを書いて待っていてくれたんだそう。
教室も誕生日仕様に飾られていて
プレゼントもたくさんもらってきました。

ほうら。
やっぱり親が誕生会のお膳立てをしなくてもいい歳なんだ。と実感。

だけどね。
少し寂しい。

だからもうすこしこんなことをやらせてくださいな。

誕生日おめでとう!

 

 

 

 

back to top