カンボジアの万能布、クロマー/クロマニヨン

第9回 「近況」そして「カンボジアの工房3」

クロマニヨンは、クロマーと、カンボジアの人たちの笑顔に魅せられた
”布好き”、”旅好き”、”暮らし好き”の3人
(中村夏実・江波戸玲子・森田わかな)で活動しています
http://www.krama100.com/

販売ページはこちら

クロマー(krama)は、カンボジアで手織りされてる長方形の万能布です。

第9回 「近況」そして「カンボジアの工房3」(2012.05.29)

こんにちは。

ごぶさたしてしまいましたが、
クロマニヨンはみなかわらず元気に過ごしています。

 
このGWに葉山で開催した「工房しょうぶ展」と、
トーク&ライブイベント・語る+聴く「しょうぶ学園」が大盛況のもと終了し、
ほっとひといきついているところです。
しょうぶ学園のひとびと、工房しょうぶのものづくり、そしてしょうぶ学園の利用者とスタッフで結成されているヴォイス&パーカッショングループのotto&orabの演奏を、葉山の地で紹介することは私たちのひとつの夢でしたが、いくつもの幸運が重なって、
自分たちが予想していたよりずいぶん早く、実現することができました。

このイベントは私たちにしては大規模なものだったので、準備から本番まであまりのやることの多さに目をまわしながらも、たくさんの方の惜しみない協力に助けられながら
私たち自身、あらんかぎりの能力(体力?)を駆使してやりきった感があります。
そのぶん、達成感もひとしお。
見に来てくださったお客さまからの反響も大きくて、鹿児島から来てくださったしょうぶ学園のみなさん(26名)も、本当にいきいきと本番を迎え、
2泊3日の葉山への演奏旅行を楽しんでくださったようで、それが何より嬉しかったです。
7日間の会期の写真を見ながらふりかえると、ひとつひとつの出会いや出来事が、キラキラとした宝石のように思えてきます。
関わった全ての時間は祝福されていたなぁと。

こうして今も現在進行形で、仲間とものを作り上げる喜びを味わい続けられることは、
ほんとうに幸せなことです。

 
・・・しょうぶ展、イベントの様子はぜひblogをご覧下さい >>>http://krama.exblog.jp/

 

次は5月24日(木)〜31日(木)まで、青山のDEE’S HALLで「クロマニス展 vol.2」がはじまります。
おなじみアトリエマニスさんとのコラボ展、はじまりは2年前の DEE’S HALLからでした。
今回はマニスさんとのコラボクロマー以外に、藍染めのLitmusさんに染めてもらった、限定の藍染グラデーションのクロマーや草木染+藍染のクロマーが並びます。
期間中はクロマニヨンだれかしら在廊予定。ぜひお立ち寄りくださいね。

 

さて。
前回からはじまったカンボジアの工房の紹介ですが、
3回目はカンボジアの首都、プノンペンに事務所を構える「GOEL」
という工房の様子をお届けします。
上で紹介した、藍染クロマー用の無地クロマーはここで織ってもらっています。

GOEL

 

 
穏やかな表情の下に情熱的なスピリットが溢れている韓国人、ハンさんが設立した工房。
カンボジアの恵まれない農村の人たちに、草木染めと手織りの技術を教えています。
プノンペンに事務所と工房、ショップがあり、連日韓国からたくさんのお客様がスタディーツアーに訪れています。
プノンペンから車で約1時間半南下したタケオ州にある染織工房では、草木染めに使う熱源を太陽熱で賄う計画が進んでいます。
オーダーに対応してもらえるので、現在クロマニヨンが扱っている草木染のクロマーの多くはここで織ってもらっています。
細い糸で織られたしなやかで軽い風合いのクロマーはとても人気があります。
また、美しく染められた織りのしっかりしたコットン生地は私たちの毎日の暮らしに馴染み、インテリア、服などにも可能性が広がります。

 

↑プノンペンの工房での草木染めのようす

 

↑染めの専門家で技術講師としても活躍する
ハンさんとデザイナーである奥様、ユンジュンさん

 

↑事務所に併設されたショップでは、様々な厚みの生地や、オリジナルの服〔ベビー
から男女大人服まで)や小物を扱う。着せ替え式のぬいぐるみ枕は人気商品。右・綿づめはかなりしっかりめ。

 

↑生地棚には、ずらりと草木染めの生地が並ぶ。服地やインテリア生地としても。

 

↑笑顔の絶えない工房のスタッフたち。チョムナンさん〔右)は会計なども管理

 

↑織りの村、タケオに住む, ”ゴエルパートナー”のみなさん

 

↑タケオ州での染めのようす

 

↑肌触りも抜群な、色合いの美しいクロマーたち。ゆるい織りは高い技術を要します。
ハンさんのもと、ゴエルの特色はこの色出しの豊かさ。
草木染めで100色は出せますよ!と。頼もしい限りです。
今後も新しいクロマーをいっしょに作っていきたいと思います。

 

次回はAfesip、C-Rightsという人身売買の被害にあった子供や女性を保護し,
自立支援の一つとして職業訓練を行っているてるふたつのNGOを紹介します。

 

 

back to top