居場所の家族/相澤久美

居場所の家族 プロローグ

建築家・編集者・プロデューサーなど・・・
「なにものですか?」と聞かれるがうまく答えられない日々。
職業はひとつじゃなくてもいいはずだ。

15年間共同主宰していた「ライフアンドシェルター社」を2011年一杯で卒業。
都市の雑誌『A』の創刊から企画編集に携わり、
2002年より自宅兼事務所「foo」にて仕事も暮らしもシェアする共有空間を実践。
2006年映像プロダクション「サイレントヴォイスLLP」を芹沢高志と共同設立し、
2008年『島の色 静かな声』を制作。2010年から『いちにち』、
2011年からは東北で『なみのこえ』のプロデュースを手掛ける。
現在は東北のドキュメンタリー映画『なみのおと』の配給も行う。
2010年から新宿御苑脇の文化サロン、「ラ・ケヤキ」にて
『関係性の科学』『辺境的中心に生きる』など、連載イベントを企画ディレクション。
2011年より「NPO法人淡路島アートセンター」理事を務め、複数のプロジェクトに携わる。
同年震災専門メディア「震災リゲイン」を立上げ、東北を中心に各地で様々な活動・取材を展開している。
辺境に点在する、ずっと大切にしたい人や出来事やモノに出会うのが喜び。
喜びをデータベース化しマッピングした新しい日本地図をつくり、
血の通う新しい繋がりを生み出すのがミッションのようだ。
そのために、2012年2月、海子揮一らと共同運営する「対話工房」の活動の一環として、
キャンピングカーを購入してしまった・・・。これからも移動し続ける。
http://lslablog.exblog.jp/i0

繋がる程に孤独を痛感し、大切さを更に想う

プロローグ 2010/08/25

2002年、東麻布の小さな敷地に、「foo(ふー)」というちいさな建物を建てた。
自分1人で建てた訳ではもちろんない。
土地は5年間ずっと一緒に探し続けて来た父が、建物のローンは2世代。
設計をしたのは、建築家である夫と、同じく建築家である私。
建てるにあたりどう運用して行くか、どんな風になれば楽しいか、何度も集り相談に乗ってくれた編集者やシステムエンジニアの友人達。
オープンスペースをつくるインセンティブを与えてくれた美術家の友人。
図面を引いて現場監理をし、予算不足でできなかった柱や梁の塗装をしてくれたスタッフ達。
実際に建物を建ててくれた工務店の皆さん。
極寒の現場の騒音や、職人と大声で話す未来の母の低音にお腹の中で耐えてくれた長女。
暖かく見守ってくれた義理の両親。
他にも本当にたくさんの人の協力を得てできた。

この建物、1階はオープンスペース。
2階はシェアオフィスとゲストルーム、3階が住居、という構成になっている。
文筆家で長年山形のタウン情報誌を発行して来た父は、「実際に人が集まる場所を持ちたい。
地下がライブハウスで1階がカフェで2階に事務所があり、3階に住む。
そんな、読者が集れる場所が欲しい」とずっと話していた。
だから東京に親子で共に建てる、でも娘夫婦が主に使う場所の設計案を見せられた時、
「好きにしなさい」と特に驚く風でもなく言えたのだと思う。

あれだけ反発して来た父だが、私自身結局モノづくりの道を歩み、都市の雑誌を編集し、
戯曲ではないが映画をつくり、父が夢見て来たような建物を建てている。
カエルの子はカエル、ということだ。
果たして私も、76歳でチェ・ゲバラのT-shirtsを着るようなおばあちゃんになるのだろうか・・。

私の主な仕事のひとつは住宅を設計すること。
ほとんどの場合プライバシーをいかに確保するか検討される。
SOHOなどの特殊な事情を除けば、「住まう」という単一機能が求められ、
外部に閉じた家族の為の居場所が所望される。
その都度私達は、少しでも都市に、街に、地域に接続された部分をつくろうと試みる。
なぜか?それが自然だと思うから。

「foo」は、都市にオープンな場所。
都市のはびこる路地が入り込んで来たような場所。
プライベートを囲わず、なんらかの共通項をもった、いろいろな人=コミュニティーの居場所。
どの空間にも多種多様の人が入り込み自在に使いこなされている。
たまたまココにこの「場所」があり、人が集る事で初めて「居場所」になる。

そんな居場所をつくる人たちのことを家族と呼びたい。
夫、娘も、店子も、事務所のスタッフも、打合せやイベントや展覧会で訪れてくれた人々も、
私にとってはとても大きい意味で家族。
いわゆる法制度で定義される単位だけが「家族」ではない。

かつてはもっと多用な繋がりが顕在していたはずだし、今、求められていると思う。
個人住宅に留まらず、集合住宅、学校、劇場、お店、公共施設、病院や介護施設、
都市のスキマなどなど、さまざまな空間のありようが問われている時だと思う。
便利で清潔で機能的。
これだけでは、人が集う居場所にはとうていなり得ず、
ただ必要とされる「場所」を量産しているだけ。
ましてや家族は生まれない。
繋がりが芽生えない。
「居場所の家族」。
そんなことをつらつら考えてみたいと思う。

back to top