居場所の家族/相澤久美

第1回 シェアのはじまり:foo前夜

建築家・編集者・プロデューサーなど・・・
「なにものですか?」と聞かれるがうまく答えられない日々。
職業はひとつじゃなくてもいいはずだ。

15年間共同主宰していた「ライフアンドシェルター社」を2011年一杯で卒業。
都市の雑誌『A』の創刊から企画編集に携わり、
2002年より自宅兼事務所「foo」にて仕事も暮らしもシェアする共有空間を実践。
2006年映像プロダクション「サイレントヴォイスLLP」を芹沢高志と共同設立し、
2008年『島の色 静かな声』を制作。2010年から『いちにち』、
2011年からは東北で『なみのこえ』のプロデュースを手掛ける。
現在は東北のドキュメンタリー映画『なみのおと』の配給も行う。
2010年から新宿御苑脇の文化サロン、「ラ・ケヤキ」にて
『関係性の科学』『辺境的中心に生きる』など、連載イベントを企画ディレクション。
2011年より「NPO法人淡路島アートセンター」理事を務め、複数のプロジェクトに携わる。
同年震災専門メディア「震災リゲイン」を立上げ、東北を中心に各地で様々な活動・取材を展開している。
辺境に点在する、ずっと大切にしたい人や出来事やモノに出会うのが喜び。
喜びをデータベース化しマッピングした新しい日本地図をつくり、
血の通う新しい繋がりを生み出すのがミッションのようだ。
そのために、2012年2月、海子揮一らと共同運営する「対話工房」の活動の一環として、
キャンピングカーを購入してしまった・・・。これからも移動し続ける。
http://lslablog.exblog.jp/i0

繋がる程に孤独を痛感し、大切さを更に想う

第1回 シェアのはじまり:foo前夜(2010.10.29)

私たちの居場所である、fooができるまでにはいくつかの下地がある。

最初まだ名も無きこの家の設計を始めた時、
『SDレビュー』という建築の賞に応募したことがある。
ある程度設計は進んでからのことだけど、その時に松野(旦那で一緒に設計事務所を経営している)と一緒にこの建物のコンセプトを改めてじっくり考えた。
「都市居住者の住まい」「都市に開く」がコンセプト。
囲い込む程のプライバシーはどのくらいあるだんだろう?もっともっと、
住まいも街に接続して、オープンでもいいのではないか?ということを常々考えていた。

[SDレビュー2000に応募したときの資料。空間の有効利用率を機能重複も含めでパーセンテージで表示していた。トータルでは100%を超える空間も。]

当時、中目黒に構えていた事務所を借りるときも、
事務所としてだけ借りるのはもったいないよね?と松野と話し合っていた。
だって、事務所として使われている時以外は、広い空間は空っぽ。
そして事務所にいる間、自分の住まいは空っぽ。
都市には、空っぽの空間が溢れている。
空っぽの空間に、高い家賃を払っている。
使い手に帰属する様々なモノだけがそこにある。
こんな高密度に建物がひしめき合って高い土地代払っているのに、
一見ぎゅうぎゅうに見える都市も、建物の中は空っぽ。
昼は住まいの人口密度が限りなく薄く、夜はオフィス街の人口密度も薄い。

では、同じ空間を昼夜別の用途として使えばいいではないか、ということで、
中目黒では、私たちが昼は事務所として使い、
夜は一人暮らしをしている友人デザイナーYが住む場所としたらどうか?
当時はシェアオフィスやSOHOが、最近シェアハウスが流行っているが、
まあそれの合体バージョンだ。

[中目黒の松風園。ここにLS創設から5年程いた。借景の緑が美しく気持ちのよい場所だった。]

一部私たちの作業デスクや、彼女のベッドまでは共有出来ないけど、
ミーティングスペースはダイニングになるし、休憩エリアはリビングになるし。
オフィスでは使われることのない浴室はYが使えるし、いうことで、中目黒で実験生活をしていたのだが、結果我々は仕事が忙しく、昼も夜も24時間事務所にいることが多かった。

2人でギスギス仕事をしていると、デザイナーのYが帰って来て、コーヒーを入れてくれたり、
巨峰の皮をむいて出してくれたり。
Yも暗い部屋に一人で帰ってくるよりは、たとえギスギスしていても(!)、
気の合う仲間がいる家に帰って来た方が和むようだった。
喧嘩もしたけど仲直りした。困ったこともあったけど話し合いでなんでも解決した。
主張の激しいメンツだったけどお互い協調することも覚えた。
自転車や車も共有した。 たまたま利害が一致した、信頼出来る友人達との共同生活。
ちょっと気持ち悪いけど、当時Yは松野をパパ、私をママと呼んでいた。
不思議と家族を演じていた。

私と松野はその時付き合ってすらいなくって、結婚の「ケ」の字もなかったけれど。
仕事で泊まるときは、パパを真ん中に、いつも「川の字」で寝ていた。
布団はYの持っている一セットと寝袋しかなかったから。
それぞれが勝手に動き回っていたけれど、お互いを気遣いながら仕事をし、
生活をし、話し笑い食う。悪くない。

Yが自宅で持ち得るいわゆるプライバシーは限りなくゼロに近い。
でも、一人になりたいときは逆に人ごみに行けばいい。
その方が孤独は感じられる。
誰も他人に興味はないから。
散歩をしたり、カフェで本を読みお茶をすればそれ十分プライベートな時間といえる。
モチロン、自分の部屋に入れば一応一人っきりにもなれる。
が、そんな時間はほとんどなかったと思う。

当時、『A』という都市をテーマにした雑誌を作っていて、松野は企画編集執筆、
私は企画編集営業経理など、Yはデザインを担当していた。
だから、ただ仲がいいということではなく、共有出来る仕事と価値観があったのも大きいと思う。
素人集団で雑誌の編集をし、ほぼ無報酬。
それでも頑張れるだけの価値を、皆そこに見いだしていた。
共有出来る想いと空間が同時にあるとき、そこに家族と居場所が発現していたんだな、と思う。
これは、fooが生まれる5年ほど前の話し。

[雑誌『A』の創刊号と2号。今やまぼろし。]

ところで、お知らせです。
現在私がコンテンツディレクションをしている「ラ・ケヤキ」という場所で、
11月5日(金)~7日(日)の3日間『宮古ちっくライフ 3days』というイベントを行います。
今春、マザーディクショナリーが「春の会」を開催した場所でもあります。
宮古島から、美味しいお料理やお酒、可愛い雑貨やイラストなどが集まり、
ライブあり、ワークショップありの楽しい3日間です。
ご都合つく方は、ぜひ都会のオアシス「ラ・ケヤキ」の宮古島イベントにお出掛け下さい!

詳細はこちら。

今、PARCOのCMで話題の「マイア・バルー」ちゃんもライブ出演予定です!

back to top