居場所の家族/相澤久美

第3回 番外編。淡路島にて

建築家・編集者・プロデューサーなど・・・
「なにものですか?」と聞かれるがうまく答えられない日々。
職業はひとつじゃなくてもいいはずだ。

15年間共同主宰していた「ライフアンドシェルター社」を2011年一杯で卒業。
都市の雑誌『A』の創刊から企画編集に携わり、
2002年より自宅兼事務所「foo」にて仕事も暮らしもシェアする共有空間を実践。
2006年映像プロダクション「サイレントヴォイスLLP」を芹沢高志と共同設立し、
2008年『島の色 静かな声』を制作。2010年から『いちにち』、
2011年からは東北で『なみのこえ』のプロデュースを手掛ける。
現在は東北のドキュメンタリー映画『なみのおと』の配給も行う。
2010年から新宿御苑脇の文化サロン、「ラ・ケヤキ」にて
『関係性の科学』『辺境的中心に生きる』など、連載イベントを企画ディレクション。
2011年より「NPO法人淡路島アートセンター」理事を務め、複数のプロジェクトに携わる。
同年震災専門メディア「震災リゲイン」を立上げ、東北を中心に各地で様々な活動・取材を展開している。
辺境に点在する、ずっと大切にしたい人や出来事やモノに出会うのが喜び。
喜びをデータベース化しマッピングした新しい日本地図をつくり、
血の通う新しい繋がりを生み出すのがミッションのようだ。
そのために、2012年2月、海子揮一らと共同運営する「対話工房」の活動の一環として、
キャンピングカーを購入してしまった・・・。これからも移動し続ける。
http://lslablog.exblog.jp/i0

繋がる程に孤独を痛感し、大切さを更に想う

『番外編。淡路島にて』2011/09/22

淡路島に「ノマド村」と名付けられた廃校がある。
http://www.nomadomura.net/

ここに、私の友人の映画監督夫妻が子供たちと住んでいる。
日本人とドイツ人の夫婦で、淡路島に来る前はスイスでアーティストインレジデンスをやっていた。縁あって淡路島に移住し、廃校になっていた小さな小学校に住み着いた。
ヴェルナー・ペンツェルと茂木綾子。
私が最も信頼するアーティストの内の2人。
私は彼らと映画製作の仕事を一緒にしていて仲良し。
この連載の前の「西表日記」は、彼らとの映画づくりの日常を綴ったものでもある。
頼まれて、廃校の内装を手掛けた。
島の土や瓦を使い、自分たちでできるところは自分たちでつくった。
週末だけカフェをオープンしていて、先月は『クウネル』『エココロ』『ブルータス』に取材され、メディアの露出が何故か多く、今では島内外から週末たくさんの人が遊びにきてくれる場所になった。
「クラムボン」のライブが開催されたり、人気服飾デザイナーの撮影が行われたりもする。
海外からの来客も多く、モチロン、地元のおじいちゃんおばあちゃんも、コーヒーを飲みにきてくれる。
つい先日まで、LS設計の竹でテラスを作るワークショップを開催していた。
ウチのスタッフはお陰で色黒美男子に変貌。


photo by ayako mogi

不思議と、居心地のいい居場所。
ここに、3月15日から約一ヶ月滞在した。震災後TVを呆然とみていた私の元に、ヴェルナーから電話が来た。「今すぐ子供を連れて淡路に来い」。彼はチェルノブイリをドイツで経験しているので、福島での事故の深刻さを憂慮し電話をくれた。迷ったが、結局その晩飛行機のチケットを取り、翌朝一番で家族四人で淡路島に向かった。

ノマド村には、この間四家族プラスαが滞在していた。皆、福島を心配して小さな子連れで来ていた。

不思議な共同生活。大人はみんな仕事をしているけれど、子供たちは年齢がバラバラながら、大きい子は年下の子供の世話をして一緒に校舎の中やグラウンドにでて遊んでいた。ランドスケープデザイナーのお母さんは、子供たちを引き連れて山につくしを取りにいき、戻ってくるとみんなで汚れを取り、茹でてお浸しや胡麻和えにして食べた。つくしを食べるなんて初めての東京の子供たち。茹で汁が緑色に変色するのをみて歓声をあげる。
キッチンからの奇声を聞きながら、カフェ席では黙々とPCに向かい仕事をする他の母親達。奇声が苦手な父親達はオフィスでヴェルナーと東京の動向をみたり、仕事をしたり、あるいは単身東京へ仕事にでかけたり。

私と松野は、高知へ日帰りで打合せに行かねばならない日もあり、子供たちを他の家族に託してでかけたり、私だけ単身で京都へ出張にでかけたり、誰かが常に子供をみてくれていて、子供もワイワイ人がいるからあんまり寂しくもない。fooでの日々とあまり変わらないが、子供が多いという点では、圧倒的に楽しかったと思う。お風呂は毎晩、誰かのお母さんが誰かの子供を入れてくれていた。詳細不明(笑)。

買物は、私のポンコツマニュアル車を運転出来る私が担当。夕食は、翻訳家のお母さんとランドスケープデザイナーのママが。その間、建築家のお母さんが子供たちと遊んでくれている。料理好きな建築家のお父さん達もたまに調理にまざり、広いキッチンは賑やに対話がはずむ。地震や原発に対しての不安な気持ちも、話しをして共有する事で少しは緩和された。子供たちは、校舎のどこかで歓声をあげている。音楽家のお父さんが、ドラムの使い方を教えているようだ。

食卓には、多い時で18人。お誕生席にヴェルナーが座り、今日ここでみんなが一緒に食事ができる事に感謝していて、今大変な時だがここで皆が来てくれて嬉しい、などのメッセージをくれる。そして「いただきます!」
3つ繋げられた長いテーブルで、みんなで作った食事が並び、ワイワイ食べる食事は本当に美味しい。誰かと一緒にお喋りしながら食事をするって、なんて楽しくて健康的な事なんだろう。食後、子供たちは時に子供同士で、時に母親か父親と就寝し、大人はカフェに戻って深夜まであれこれ話し込む。

うちの長女は、朝「おはよう!」といって一人で着替えて部屋を飛び出してから、「おやすみ」というまで、一度も私の側にはよりつかず、他の子供たちと思う存分遊び回っていた。

あの場にいた皆は、家族だった。
途中で、子供をおいて両親2人が出掛けることに対して、料理当番を決めてお金を払うことにするか否かなど、いくつか問題も持ち上がった。本来他人同士の暮らしなので、問題が起こるのは当たり前。そう言う時は、全員でキッチンに座って、コーヒーを飲みながら、お互い納得が行くまで、夜中まででも、明け方まででも話し合った。時間がかかっても、対話する事をあきらめなかった。その時、ヴェルナーや茂木ちゃんは、なんとなくお父さんとお母さんだった。あの場所の主であり、東京からの避難を促してくれた彼らは、スイスでもアーティスト達と共同生活を送っていて、がまんしたり、遠慮したりする事が共同生活にとってはマイナスだと心得ていた。


photo by ayako mogi

トコトン、の話し合いがすめば、また明日から楽しい家族の日々が始まる。

こんな風にして、大勢で暮らす事の大切さを改めて痛感した日々だった。関わりを人と持つ事の大切さ。世間では、「自己責任」という言葉をよく聞くが、なんだか違うと思う。一人で取りきれる責任なんてたかが知れている。コミュニティーの回復が叫ばれる世の中で、自己完結してしまっていて、どうやってコミュニケーションを深めればいいというのか?困って、誰かに迷惑をかけたら、その倍、誰かのお世話をしてあげればいい。「他人に迷惑をかけるな」ではなくて、「かけてもいいから、自分も引き受けろ!」だと思う。かつてはその必然のある自然環境も厳しい暮らしがあり、そこから開放されたいが為に科学・技術・制度は進歩し、結果面倒は引き受けずに済む社会が確立され、個々のプライバシーが叫ばれるようになった。果たしてそれで幸せになったか?

「持ちつ持たれつ」の関係には必然性がある。生命はそもそも一つで繋がっていると私は思し、それはただ未来へ繋がっていくということのみを目的に、この大きな流れは何億年と旅してきた。

そこには意味がない。
ただただ、生命は未来へ向かって流れて行くだけ。

でも、個々の命が、個別の器に入り「いまここ」にあることにはたくさんの意味がある。
この間、本当に大好きだった親しい友人がなくなり、「生命」と「命」の違いについて思い知らされた。
つたない自分なりの解釈でしかないけれど、この違いは大きい。

「いまここ」にある命は、単体では生存不可能で、他者との関係性の中で生きて行くしかない。
関係性の構築には基本対話が必要だ。黙っていても安心して一緒にいられる関係性を築ける人は、本当にわずかだし、見つけられたらそれは奇跡だ。

効率重視でシステムのみに頼り対話を忘れた社会は疲弊して行くと思う。かつて宮本常一が歩き、目撃した「寄り合い」の文化を、現代的に解釈し取り戻す必要がある。単に元の戻せばいいということではない。今のすべてを否定するつもりはないが、なぜ、今のようになったかの検証も必要だ。
でも、地縁血縁だけでない、様々な新しい繋がり方が、今、見えてきているように思う。

この311の不幸な震災+原発事故で、淡路島のノマド村にテンポラリーな家族ができた。
現代の「寄り合い」の一つの形だと思う。
ああいう居場所が、もっと増えればいいなと思う。

fooも、その実験の場のひとつ。

原発から避難していた私たちの生活は、親や子供たちのコメントと共にドイツの新聞で紹介された。

back to top